ブラック企業に注意

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうがたくさんの会社が掲載されているため、…

転職サイトは有名なサイトの方が豊富な量の転職情報が掲載されているため、入社したい2~3社を、とりあえず転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、あとは条件に適合する求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。
ブラック企業に注意

例えばあばたが、とらばーゆを決意したのであれば、まった…

もしあなたが、とらばーゆを決意したのであれば、あくまで周囲にこっそりとそれを告げないように、活動していき、転身先が決まらないうちは、可能ならば会社内の人に知られないように普段どおりに振舞うのがもっとも賢明です。現職中、その点を認識していれば、仮に良い転職先を見つからなくても、転身の予定を遅らせながら、現職を残っても心配がありません。
ブラック企業に注意

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、…

今から転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。勤めている会社がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。ハローワークで手続きをしてくれます。
ブラック企業に注意

借金返済のため|今のあなたの勤め先や仕事内容に対して、不満の中に、「自分の資格やスキルを…

今現在のあなたの職場や業務の中身についてほとんどの人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや仕事での能力を真摯に評価してもらえない」だから、「賃金は平行線だし、将来的な出世も期待できない」といった不満が多くを占めると思います。ですが、そのような悩みが強すぎる人の場合、自らの本来の才能を実際よりも「過大評価」していることもあります。
ブラック企業に注意

以前は看護婦という名前だった看護師というのは歴史的背景か…

その昔は看護婦と言われていた看護師という職業は、どうしてか女性の割合がたいへん高い職種です。厳しいことに気力・体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。したがって職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産によって仕事と私生活との両立が難しい職業ともいえます。
ブラック企業に注意

借金返済のため|再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった形で、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。最近は求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方での求人情報にも手軽にアクセスできます。
ブラック企業に注意

将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種…

将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)を見付けるたびにマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、業界のマイナス点は、知ることはできません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索でカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。
ブラック企業に注意

借金返済のため|生まれてはじめて転職を行う際、頭に入れておくべきなのは…

初めて転職を行うにあたって、心がけるべきことは「現在の仕事を変えたい理由」をはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておいた方がいいでしょう。問題解決が見込める会社を選択することとなります。転職活動は、在学中の就職活動とは違って、今の仕事を継続しながら就職活動をしていくため、時間と体力を消耗します。
ブラック企業に注意

クールビズスタイルで転職の面接会場に行こうとする場合、…

クールビズのスタイルで再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは着なくても大丈夫だと間違いなく言えます。ですが、ネクタイはつけて行った方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイにおいてもなくても大丈夫だとする企業も存在するケースもなくはないです。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズであろうと着用する必要があるとする会社がいくつか存在します。
ブラック企業に注意

借金返済のため|これから転職しようと思うのなら、直近の仕事や業務の何が気に入らないのか…

いよいよ転職することをするのなら、今現在の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満な点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「しっかりといまある職場や仕事の問題なことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。