借金返済のため|自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意です。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、それが理由で、かつては、レストランで仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。そのことが引き金となって仕事をやめたのですが、その影響で、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供されていた食べ物すら苦手になってしまい、その系列の飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現できるのは悪いことではありません。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度自分自身と向き合う必要があります。

    転職先を選ぶのに、当然仕事のやりがいのアップと一・・

  • 転職をするにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけど収入アップも大事なので「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調査をしています。同一の会社でそして全く同じ職種、経歴なのに人によってずいぶんと幅がある場合も多数あって、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人も誰かそこそこは予測できるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

    初めて転職をするとき、心がけるべきことはどうして現職を辞めたい…

  • 最初に転職をするとき、忘れてはならないのはなぜ現在の仕事を辞めたいかについて明確にしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきです。問題解消が見込める企業を決めていくのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、働きながら転職活動をしていく必要があるため、時間と体力が必要でしょう。それがために明確な理由もない状態で転職活動を開始した場合、途中で挫折してしまう可能性もあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはしないほうが良いでしょう。

    退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 転職を度々しないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるのでメンタル面を強くするための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。また、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えることができます。オススメは、「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本とは異なった様々な文化があり、どの瞬間も勉強になります。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職間もないあいだは、精神面がもろくなっている人も多いので気力回復のために休業期間も必要です。

    転職することを、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • もし転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変するおそれがあります。人間関係によって、問題はないこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。さらには、残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、上記のトラブルを回避するためにも、いまの職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を退職することができます。さらに、円満退職に至れば、転職後にも、あなたが困ったときにアドバイスをもらえる機会も出来ます。規模や業界に関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大切であるため、辞める際のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

    失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でない人はもらえません・・

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変動し、90日とか120日とかが決まるのですが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限り給付されると勘違いしていつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急いで職探しをしたとしてもロクなところが見つからない可能性が高い。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況次第では、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受かりません。

    がんばっている転職活動の際、「振り返るとこういった仕事を長く続けてきまし…

  • 今がんばっている転職活動で「自分は振り返るとこのような価値のあるの仕事に尽力してきました」「これまでにこのような経験に磨きを掛けました」と自身の成功体験などを強調してアピールする人は頻繁に見かけます。でも、転職先となる1から始める企業で「近いうちにこういうような仕事をしたい」「私があげたような内容の業務をするのなら貢献したい」と未来の姿を話して自己をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。