数年前の求人情報に募集条件の中に「性別」について、当たり前のように記載されていました。

何年か前までは求人誌には、募集要項の中に「性別」・・

  • 以前は求人誌に募集条件の中に「性別」が、きちんと明記されていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、雇用において、男女差別があってはならないルールとなり、応募条件内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいうものの、働き手を募集する雇い主としては、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。ですので、本当は男性希望の案件に女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性が来てしまい、といったトラブルもひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍できる職場です」とアピールしている場合、雇用側が「女性」を必要としている、と読み取ることが良いでしょう。

    転職を考えるとき、転職先での自分の給料について気にする…

  • 転職しようと考えたとき、転職先での自身の年収を過剰に気にする人がけっこう多くいます。とうぜん多くの方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として稼ぐために励んでいるでしょう。だから年収がどれだけかは自分がどれほど評価してもらえているか、という面もありますから大切と感じるのは当然ともいえます。しかしながら、愚かにも年収ばかりを固執しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がします。この世には年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充足感を得られることはあるからです。

    借金返済のため|今からでも転職を希望しているのなら、今の職場や仕事での納得いかない部・・

  • 今からでも転職を希望しているのなら、現状の業務や業務で感じている不満点をハッキリとさせておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らない点にガマンできないから転職しようと思われているはずです。しかし「しっかりと今の職場・業務の客観的に考えた不満を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

    借金返済のため|転職するため職探しをするときに気を付けて欲しい募集内容は…

  • 就職のため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長めのものです。こういった案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間というように求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を含んでおくというものです。(この仕組みは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という求人になるわけです。ですが、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』を意図的に表記してないこともあるので気をつけておきましょう。

    借金返済のため|安定を送りたいと正規の雇用社員として働きたいと思っている…

  • より安定した生活基盤を欲しがり正規の雇用社員になろうとしている人はかなり多いと思います。けれど、即戦力として働けるように頑張っていても、正社員として雇用されることが難しいこともあります。契約社員や派遣社員の求人は充実しているのに、正社員の求人以外は気にも留めず時間を空費している人が多いといいます。万が一あなたが、正規雇用での転職が厳しいのなら、非正社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、その人の頑張りにより、数年で正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。ですから採用面接時に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを聞いておくと将来のプランも組みやすくなります。

    借金返済のため|再就職した会社で今までに身に付けた実力を活かせられれば…

  • 新しい仕事で、今までのスキルを生かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれ割と早く職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している雇い主としてもそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えば容易だといえます。加えてこれまでの働いていた仕事と似た業界であれば、転職はとても楽になるでしょう。かと言って、まずまずのスキルがあるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代背景に左右されることなく中々の難関ですから、楽観視は禁物です。

    仮に再就職をしようと考えていても全てが首尾よく運ぶという確証はありません。

  • 仮に転職活動をはじめたとしても全部が都合よく運ぶという確証はありません。可能であれば、どちらにしても転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちにできるだけ早く考えておくべきでしょう。普通は、20代のうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職活動全般は、相当に厳しくなります。もしもあなたが、役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても思いとどまることも選択肢から外さないほうが良いです。要するに、退職後に転職活動をスタートさせるよりも現在の会社に残りつつ、堅実な未来を模索しておいた方が良いということです。