出会ってすぐ男性に触れてはならない話題というものが存在します。

結婚活動中の女性が、知り合ってすぐの男性にしてはならない…

  • 結婚活動中の女性が、知り合ってすぐの男性にしてはならない、しないほうがいい話題というものが存在します。よく話すことですが、何かと言うと、給料・勤務先・クルマ、の3つです。何故してはいけないかというと、相手が結婚相手としてふさわしい人か知りたい、と思う気持ちは分かりますが、初対面でこうした質問は相手男性は間違いなくあなたに対して引いてしまいます。もしも、結婚してちゃんと生活するにはお金も欠かせません。なので、相手の経済面を必要とするのなら、年収が何百万円以上の条件があったり、もしくは、限定会員のみで構成される婚活が目的で行われるパーティー、マッチングサイトなどを始めから使用されるのが良いでしょう。その手のサービスなら、上記の質問をする手間もいらないですし、おおまかな経済レベルが分かりますね。結婚活動での失敗を抑えるためにも、自発的に「お金」に関連する質問は必ず避けてみてください。

    お金|婚活に本腰を入れる前から、結婚活動(婚活)をする際は、…

  • 結婚活動(婚活)をする前から、婚活(結婚活動)をするのであれば、いくつもの注意点があると思っていました。そしてまた、やみくもに行動するのも失敗を招きかねないのでダメだと感じていました。何もわからず行動して反省するよりは、失敗しないように今のうちに備えておくのが賢明です。中でも意識して欲しいのは「気になった相手に対して、少しでも疑う勇気を持つ」ということです。疑う、なんてすごく聞こえは悪いですが現代の婚活事情においてはとても大切なことなのです。急速に普及している、インターネットを介して知り合う場合、このクセをつけておかないと思わぬ落とし穴にはまるおそれがあります。私は、この点を徹底していましたから、プロフィールやメッセージのやりとりに疑問を感じたら、即、連絡しないようにしました。実際に、だまされた方もおられます。私の場合「恋愛したい人に対し、疑う気持ちを持つ」ということを意識していたことが役立っています。疑いを持つことで、婚活を成功させる秘訣のように思います。

    仲の良い姉や妹がいる男性が彼氏の場合、いざ将来を考えると…

  • 姉もしくは妹と仲の良い男性との交際は、結婚した後のことを考えたとき、やはり気が重くなり身構してしまう人もいると思います。あなたの立場からすれば、結婚したら単に義理の姉または妹ですが、男性から見た場合は、かけがえのない大切な家族なのは変わりません。けれども、見方を変えると、義理の姉・妹ほど心強い存在はありません。うまく付き合うことができれば、あなたの味方となってくれる可能性もあります。その理由は、女性の最大の味方も、女性であるのは間違いないからです。ですが、義理の母親の場合は、そういった期待はできません。もちろん、すべての人がそうだ、というわけではありませんが、義理の母親というのは、夫婦間で意見が食い違う事態となった場合に、息子をサポートしたいがために、理由もなく妻であるあなたが問題を起こしていなくても責めてくることもあります。一方、義理の姉妹は、あなたの存在が疎ましくない限り事態を是々非々で判断してくれます。あなたも義理姉妹との関係が良好であれば、より充実した結婚生活を送れるはずです。

    お金|最近の婚活では、年収300万ぐらいの男性について・・

  • 婚活の市場では、男性の年収が300万円前後だった場合は、経済的に考えると、資格持ちの女性、結婚後もバリバリ働ける女性が有利となります。それが相手の年収500万円クラスの男性を対象にする場合は、パート程度でも良いので、「私も家計を支えるために働くつもり」と専業主婦にはならない気持ちをアピールしたほうがいいでしょう。そしてまた、700万円クラスの場合であれば、完全に専業主婦に身を置き、きちんと子育て、家事などにがんばることをアピールするのが好ましいです。そのようにすることで相手は将来に安心感を覚え、パートナーとして選ばれやすいのです。そして、ムダなく楽に婚活の選択肢を増やせます。

    実際に婚活を続けていると、なぜだか、心身共にすごく疲れます。

  • 結婚活動をしていると分かりますが、どういう訳か、心身共にとても疲れます。婚活を始めるようになり、恋愛をしたのちに、そのまま結婚している友人のことが相当な偉業を成功させたように思えて仕方ありません。私の生活に結婚活動(婚活)、というものを加えただけで、なぜ、心身共に疲れるのかなあとじっくり考えてみると、「真面目に婚活しているのに、理想とする男性にいつまで経っても会えない」のが大きな問題なのでしょう。年齢が40代になっても結婚活動(婚活)を続けていると、自分よりも相手のほうが若いということもあり最低限の礼節や、常識を持ち合わせてない人と婚活の場で出会うこともあります。そういうタイプの人と関わるほど、大きなストレスがやってきます。名前を名乗らない人、挨拶もろくにしない人、職業を言わない人など、問題のある人との出会いは疲れます。周囲の人たちのように普通に結婚したいだけなのになぁ。

    婚活(結婚活動)を始めてかれこれ一年ぐらいになりま…

  • 私が婚活を始めてから、かれこれ一年ぐらいになりますが今までは、できる限り失敗しないようにしたかったのと、生涯のパートナーとして私に合う相手を見つけるために自分の婚活の進捗状況などを知り合いとか親しい友人に全部報告し相談にものってもらっていました。知人には婚活パーティーで知り合った人もいるのですが、婚活(結婚活動)を進める上では、そういった仲間の多い・少ないが結果に響きます。私の場合は、そういう知り合い・友人の間で情報を交換してもらいながら行動しました。一例としては、婚活にはどのような服装やメイクが適しているか、などといった現在の婚活で成功するためのコツ、または、男性が結婚相手に求めること、などです。おまけに、私はもともと、恋愛に対して積極的な性格ではありませんでしたから、より多くのデータを得ることで婚活(結婚活動)の手応えも感じられるようになりました。けれども、周囲の意見ばかりすぐに求めるせいもあって、未だ独身のままです。

    私が婚活でやっているパーティーや結婚相談所に登録する前は・・

  • 婚活パーティーや結婚相談所を始める前は、マッチングサイトも登録していました。プロフィールを覗いてみて気が合いそうだと思った方に積極的にメールを送信したり、その反対に送ってもらったりして、何回かサイトの中でやり取りして意気が合って、いい感じ…とここまでは毎回とんとん拍子に行くわけですが、なぜか「近いうちお時間があったらぜひお会いしませんか」と申し出たら、「この頃忙しくて、時間を作るのは難しい」と拒否されてしまうことがいっぱいありました。訳ははっきりとはわかりませんが、もしかしたらメールでのやり取りのみで十分なのか、ともかく先へ進むのが他の婚活とは異なり大きな障害なのです。メールでやり取りしているのみだとその時間がもったいないと考えるのですが、男の人はそうではない方が多数いるみたいです。そんなわけで私の場合早々にマッチングサイトはやめました。また、メル友を探している人以外は、他の手段の方がマッチングサイトより何倍も早くパートナーを見るけられると感じます。