全くの未経験の業界などに転業するときには、以前の職・・

借金返済のため|初挑戦となる業種などに転職を行う際は、以前の仕事で身に付けた腕・・

  • 経験したことがない業界などに転職するときには、自分が以前の職で育んできた腕前や今までの経験が生きるといった内容の訴えが必要です。経験をしたことのない業種の場合、その分その業種を経験している人よりも事実、不公平な状態になりますが、自らの持っているスキルがそこで十分に生きるということを伝えることができれば、勝負になることもあります。そんな訳で、経験が全然ない業種にチャレンジする場合は、その分野と自分が今までやってきた職務との関連を見付けましょう。

  • 借金返済のため|ある古物商の会社で書類選考をパスしました。その後担当者から、面接日時を教えてもらいました。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査を通過しました。2、3日して先方から面接の日時を教えてもらいました。ところが、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、相手が面接の準備を全くしていませんでした。しばらく待つと、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、驚くほどけだるい表情を見せ、淡々と面接が終わりました。けれど、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。そんなわけで再度連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。あまりの対応に呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、素直に、不採用で良かったと感じています。

  • 借金返済のため|再就職のための採用面接では、小規模業者であればほとんどは「人事」が面接担当になりますが、…

  • 転職のための採用面接では、小規模業者クラスの場合ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、どこでもそうとは限りません。実際、ともに仕事をしていく作業部署の責任者、要するに管理職クラスである課長や部長が面接を担当することも少なくありません。中でも営業系や事務系などのカテゴリでは、資格などで人の評価が難しいですから、きちんと自身を売り込んでいくことがとても必要であります。面接担当から「この人はハッキリ主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

  • 転職活動をしていると、面接のときに間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、面接時に絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。給料・待遇に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

  • 借金返済のため|現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や・・

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。あなたが特許を取ったことがあるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を出した経歴のある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングと推測される勧誘をされた際には、心当たりがないか考えてみましょう。そんなにはないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる業者もありますが、そのような業者は間違いなくイカサマであるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 転職の採用面接を受けるためとある会社に行ったときのことです。

  • 転職時の採用面接に希望先の会社へ行きました。偶然会社内の面接ができる部屋が空きがないというわけで会社の外で面接官と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散、面接をした方もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が同じだったのです。なので電車内でもずっと話しながらいっしょに帰ることとなって、結果としてお互いリラックスして面接より話が弾んで、それがプラスに働いたのかなんと採用を掴むことができました。

  • 数日前仕事を探すために人材会社へと登録に行きました。

  • 3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に足を運びました。そのときカウンセリングを行うために現れた担当の人が見た感じ入社間もない新入社員で、私が説明している話の5割ほども理解ができていない感じ。それに加えて「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと自分の強みを知っておくべきでしょう」等、専門家のように横柄に話すので非常に不愉快でした。カウンセラーはいくらかカウンセリングのスキルがある方にするべきだと思います。