借金返済のため|『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が強いのであれ・・

借金返済のため|『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、その意志が本当に強いものであるなら、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際にわたしが転職をすると話した時には手を変え人を変え、結局、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月延びて退職出来たのはこの年の11月です。予定としては、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りにはいきませんでした。やはり会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底なんだか愛想が尽きました。

借金返済のため|かつての私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」で探していました。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、なぜか都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。なので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域密着タイプなのでピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークって地味な雰囲気がある」とイメージしている方も多数いるかもしれません。良い求人情報もそれなりに掲載されているため、もし勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗なニュースレターの心配もありません。

シフトの業務についてです。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を…

これはシフト制がある仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法、休み方については事前に確認しておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の代理として正社員として入ったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が「土日」に必ず出られたので、私もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思えばよく我慢してやってこれたと思います。

借金返済のため|転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤務している会社の退職があります。

転職活動の最後の問題として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が決まっても、現在、所属する会社が、あなたを離したくないと慰留しようと説得してくる可能性もあります。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い気持ちをもつことが大切です。仮に引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を記入しておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と堂々と伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠です。

借金返済のため|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても今までにない変化が出つつあります。その変化を受け、民間企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻化しています。将来的に「外国人労働者」の比率を現状よりも増加させていく、前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用や転職状況にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら、「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては現在の企業側がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらに受け取れる「失業手当」の金額については、最後に働いた月の給料を軸に支給する額を算出されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

転職活動では、かなり重視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

再就職をするときにかなり重要となるのが「面接」なのは間違いありません。普通の面接では、応募者に転職事由や退職理由などいろんなことを尋ねられると思います。そして必ず、面接終了の直前に転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。担当者から、「何か我が社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前には面接担当者からの質問に際し、答えを用意しておいた方が良いかもしれません。よく考えてみれば疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、試してみてください。